2020-05-02

【Cooking編】キューバサンドを食べて陽気になろう


Netflixで”CHEF”という映画の観ました。その映画の中で出てきた、キューバサンドに凄く魅力を感じたので作ってみました!



まずCHEFって?


簡単なあらすじは、一流レストランのシェフが、ある事情によりレストランをクビになりました。
次の仕事を探している最中に、マイアミで”キューバサンド”と出会い、その美味しさに感動して、フードトラックという移動販売を始めて各地を巡っていきます。

主人公のカール・キャスパーは料理に対するプライドが高いが故に、
様々なトラブルを起こしてしまう

観終わった後は、スカッとする映画でした。この中で出てくるキューバサンドを見て作ってみようと思いました。
実は横浜の馬車道でも食べたことがあり、そのときの味を再現できるかなと考えてた節もあります。


キューバサンドとは?


皆さんキューバサンドって知ってます??
概要をWikipediaから引っ張ってきました。
キューバンサンドイッチあるいはキューバサンドイッチはハムとチーズのサンドイッチの一種で、元々はフロリダに昔から存在している2つの移民のコミュニティーであるキーウェストとタンパのイーボーシティでキューバ人労働者に提供されていたものである。wikipediaより
キューバでは日常的に食べられているようです。

はじめの一歩は王道で


当然頭の中のイメージだけでは、キューバサンドは作れません。
いきなりオリジナリティを出してもダメです。
まずは王道を知る。基本を忠実にです。一流の人程、基本に忠実ですから。
そこで今回は、"cotta column"さんのブログを参考に作ることにしました。

Cooking Time


メインの肉からつくりました。
材料は以下となります。
  • 肩ロースブロック肉…400g
  • オリーブオイル…50g
  • 100%オレンジジュース…100ml
  • にんにく…2 ~3かけ 
  • 塩…小さじ1 
  • ブラックペッパー…少々

3時間程冷蔵庫で寝かせた。
一晩寝かせた方がいいらしい。
揉みこんでから、冷蔵庫で寝かせます。


寝かせたブロック肉
表面を焼くだけでいいです
寝かせた肉の表面を熱きました。
焼けたら、180℃のオーブンで30分焼きます。

オーブン後のブロック肉
チャーシューみたいになりました。
このままでも美味しかった。

cotta columnさんより
フランスパン
肉単体でも美味しいですが、キューバサンドですから、フランスパン使います。
写真の様に、バターを塗りたくります。

cotta columnさんより
ハム等はお好み
スライスチーズとハムは欠かせません。

cotta columnさんより
こう焼く!!
フライパンにもバターを塗りたくり焼き上げます。
強くフランスパンを押しつけることが大事です。

キューバサンドの完成
完成!!ブロック肉を3時間しか寝かせなかったので、パンチが足りなかったですが、満足いく美味しさでした!!ありがとうcotta column!!

みんなの反応










0 件のコメント:
コメントを投稿